RC横桟橋上部工2007 for Windows  レンタル可.NET2.0
システム概要
  • 本システムは、港湾基準・漁港基準に準拠し、RC横桟橋の床版および梁の検討を行います。
  • 計算結果は報告書形式で印刷されますのでそのまま報告書として利用できます。
  • Windows対応ですから、初心者でも操作が簡単にマスターできます。インストールやアンインストールも容易に行えます。
システムの機能
■入力・計算機能    
  • 最大20×20列の杭の設置が可能です。
  • RC横桟橋の床版、梁の計算および検討を行います。
  • 許容応力度法、限界状態設計法を選択できます。
  • 影響線の計算は骨組構造解析を用いています。
  • 影響線は杭のバネを考慮したものとピン結合の2種類が選択できます。
  • 弊社港湾設計業務シリーズである『横桟橋設計計算システム』及び『横桟橋設計計算2007』から桟橋データをインポートすることができます。
  • 斜杭の場合、斜角によるK値の補正は自動的に行います。
  • 腐食速度と耐用年数から腐食後の断面性能を自動計算します。また、電気防食を考慮した腐食しろの計算も可能です。
  • 杭の断面変化(継手)を考慮できます。
  • 地盤反力係数(Kh)を指定した計算方法により自動計算します。また直接入力も可能です。
  • 床版、梁に作用する移動荷重を設定できます。
  • 床版、梁に作用する荷重の組合せを任意に設定することができます。
  • 作用力として各支点部、支間部に作用するモーメント、断面力を直接入力することができます。
  • 影響線を用いて各支点部、支間部に作用する上載荷重による断面力が最大値をとるように計算を行うことができます。
  • 影響線を用いて各支点部、支間部の断面力が最大値をとるような移動荷重を自動的に載荷することができます。
  • 異なる径の鉄筋を交互に配筋した計算が可能です。
  • 性能の経時変化に対する検討(鋼材位置における塩化物イオン濃度の検討、中性化の検討)が可能です。

■帳票印刷の主な機能
  • 印刷イメージを画面表示します。
  • 印刷内容の編集が可能です。
  • 一括印刷、章別印刷、指定ページの印刷が可能です。
  • 用紙サイズや印刷フォントは、お好みのものを自由に選択できます。
    ※ A4縦、12Pフォントで最適になるように設定されています。
入力・表示画面例


※画像をクリックすると拡大します。
帳票印刷例


※画像をクリックすると拡大します。
RC横桟橋上部工2007 Ver 1.0.0で追加した機能の概要と注意事項
  • 影響線の丸め桁数を修正しました。
  • 法線平行方向、法線直角方向に関わらず杭頭断面力が4タイプ選択できるようになりました。
  • 杭頭断面力の名称を任意に設定できるようになりました。
  • 梁に作用する上載荷重の断面力に影響線で計算する方法を追加しました。影響線は杭のバネを考慮したタイプと考慮しないタイプ(ピン)のものと2種類が選択できます。
  • 性能の経時変化に対する検討を追加しました。従来の塩化物イオン濃度と中性化の検討を行います。
  • 塩化物イオン濃度の検討で経過年数の関係を示したグラフが表示されるようになりました。
  • 杭先端支持条件で「水平ローラー」が追加されました。
  • 鋼管杭打設条件が追加されました。
  • 杭の軸方向バネ定数の係数aが設定できるようになりました。
  • 床版に作用する車両の部分等分布荷重の計算方法(過程)を修正しました。
  • 梁−支点部の負の曲げモーメントに対して90%の低減ができるようになりました。
  • 疲労限界状態でコンクリートの疲労強度を算定する際に用いるk1の値を鉄筋がある上側・下側の位置に関わらず0.85になるように修正しました。
  • 参考資料として杭のバネを考慮した影響線とピン結合での影響線が出力できるようになりました。
  • (Ver1.2.1以降)地盤反力係数(kh)の算出方法に相関式の手法が追加されました。従来の横山の提案による方法と相関式によるものを設計者の判断により適切に使用することになっています。
    参照:杭軸直角方向地盤反力係数の推定方法に関する一提案  第41回地盤工学研究発表会
Ver 2.0.0で追加した機能の概要
  • 梁の検討では法線平行方向2ケース、法線直角方向2ケースが一度に照査できるようになりました。
  • 上記の修正にともない、設計震度、梁、作用力、荷重の組合せ等が各検討方向で設定できるようになりました。
  • 杭頭部位置で「上部工厚の1/2の高さ」と「上部工下端」の2種類が選択できるようになりました。
  • 鋼管杭−充填材の設定ができるようになりました。
  • 杭補強が設定できるようになりました。コンクリート被覆と鉄板被覆の2種類が選択できます。
  • 現状での腐食しろの設定が行えるようになりました。
  • 隅角部に位置する床版で片持ち梁での計算ができるようになりました。
  • 床版の検討での計算方法が設定できるようになりました。内部に位置する床版では「検討しない」「四辺固定版」、端部に位置する床版では「検討しない」「四辺固定版」「三辺固定一辺自由版」、隅角部に位置する床版では「検討しない」「四辺固定版」「三辺固定一辺自由版(法線平行方向)」「三辺固定一辺自由版(法線直角方向)」「片持ち梁」のいずれかを選択できます。
  • 検討する床版毎に有効かぶり、配筋ピッチ、ハンチの考慮、諸係数の設定ができるようになりました。
  • 検討する床版毎に任意に設定した鉄筋径で照査ができるようになりました。
  • 検討する梁の支点部、支間部毎に鉄筋本数、鉄筋段数、有効かぶり、せん断補強筋、鉄筋配置位置、低減係数等が任意に設定できるようになりました。
  • 検討する梁毎で、任意に設定した鉄筋径で照査できるようになりました。
  • 梁の上部工形状を任意に設定できるようになりました。
  • 梁−自重を任意に設定できるようになりました。また、上部工形状から自重を自動計算することもできます。
  • 梁の検討で、荷重の検討項目に浮力が加わりました。浮力は設計潮位と上部工形状から自動計算されます。
  • 小梁の検討ができるようになりました。
  • 梁に作用する移動荷重の載荷状態が検討する梁の形状によって自動計算できるようになりました。
  • 梁に作用する移動荷重の載荷台数が設定できるようになりました。
  • 床版、梁毎に上載荷重が設定できるようになりました。
  • 床版、梁毎に使用鉄筋径の上限値と下限値が設定できるようになりました。
  • 限界状態での検討方法の有無を床版、梁毎に設定できるようになりました。
  • 床版に載荷する移動荷重や梁の設計部材力に関して、見やすくなるように帳票を改善しました。