横桟橋設計計算2007 for Windows  レンタル可.NET2.0
システム概要
  • 本システムは港湾基準に準拠し、上部工重量計算、杭反力の計算/応力の照査、根入れ長の検討、支持力の照査、負の周面摩擦の検討、杭頭部の検討を行います。
  • 計算結果は報告書形式で印刷されますのでそのまま報告書として利用できます。
  • Windows対応ですから、初心者でも操作が簡単にマスターできます。インストールやアンインストールも容易に行えます。
システムの機能
■入力・計算機能    
  • 部分係数法に対応しております。
  • 最大20×20列の杭の設置が可能です。
  • PC横桟橋、RC横桟橋の計算が可能です。 
  • 桟橋の断面力、変位の計算は骨組構造解析を用いています。
  • 地震波形から加速度応答スペクトルを計算し、その結果を基に設計震度を算定する事ができます。
  • 斜杭の場合、斜角によるK値の補正は自動的に行います。
  • 腐食速度と耐用年数から腐食後の断面性能を自動計算します。また、地中部の防食も考慮できます。
  • 杭の断面変化(継手)を考慮できます。
  • 地盤反力係数(Kh)を指定した計算方法により自動計算します。また直接入力も可能です。
  • 牽引力、接岸力での偏心を考慮した外力の計算が可能です。
  • 支持力の照査(打込鋼管、中堀鋼管)、負の周面摩擦の計算が可能です。
  • 限界状態設計法での杭頭部の検討が可能です。

■帳票印刷の主な機能
  • 印刷イメージを画面表示します。
  • 印刷内容の編集が可能です。
  • 一括印刷、章別印刷、指定ページの印刷が可能です。
  • 用紙サイズや印刷フォントは、お好みのものを自由に選択できます。
入力・表示画面例


※画像をクリックすると拡大します。
帳票印刷例


※画像をクリックすると拡大します。
横桟橋設計計算2007 Ver 1.0.0で追加した機能の概要と注意事項
  • 部分係数法に対応しました。応力の照査、支持力の照査では部分係数を用いた断面力で検討を行い、杭頭部の照査では部分係数を用いない断面力で検討を行っています。
  • 検討条件に「暴風時」を追加しました。
  • 照査用設計震度の算出方法が変更され、直接入力と地震波形を読み込んで加速度応答スペクトルより計算する方法が選択できるようになりました。
  • 杭頭部の結合計算の検討方法が変更されました。それに伴い、杭頭部の検討に必要な諸元が変更されています。尚、杭頭部の検討における設計用値では部分係数がかかっていない状態での断面力を使用しています。
  • 部分係数法に対応した事に伴い、杭頭部の検討での許容応力度法を削除しました。
  • 杭先端支持条件に「水平ローラー」が追加されました。
  • 杭の軸方向バネ定数に関する係数aが設定できるようになりました。
  • 支持力の検討方法で打込鋼管(バイブロハンマ工法)を追加しました。
  • 支持力の検討方法で漁港基準による方法が部分係数法で適用可能かどうかの判断がつかなかったため、削除しました。
  • 支持力の検討で道路橋示方書 平成8年での計算方法を削除しました。
  • 支持力の検討で粘性土の場合の打込鋼管の先端支持力式を変更しました。(8CpAp→6CpAp)
  • 摩擦杭での負の周面摩擦の検討は行わないようにしました。
  • 牽引力、接岸力の偏心を考慮した計算ができるようになりました。斜組杭式での検討も可能です。
  • (Ver1.2.3以降)地盤反力係数(kh)の算出方法に相関式の手法が追加されました。従来の横山の提案による方法と相関式によるものを設計者の判断により適切に使用することになっています。
    参照:杭軸直角方向地盤反力係数の推定方法に関する一提案  第41回地盤工学研究発表会
横桟橋設計計算2007 Ver 2.0.0で追加した機能の概要と注意事項
  • 「横桟橋設計計算システム」で用いていた漁港基準(許容応力度法)ならびに平成11年港湾基準を本システムに統合しました。
  • 法線平行方向2ケース、法線直角方向2ケースの一括計算が可能になりました。
  • 鋼管杭−充填材の設定が可能になりました。
  • 杭補強の検討が可能になりました。コンクリート被覆と鉄板被覆の2種類が選択できます。コンクリート被覆の検討では、計算結果画面にて鉄筋径を編集することが可能です。
  • 現状での腐食しろの設定が可能になりました。
  • 浮力の考慮が可能になりました。
  • 上部工下端位置を杭頭部として計算することが可能になりました。
  • RC桟橋で上部工形状の任意設定が可能になりました。
  • PC桟橋で受梁形状の任意設定が可能になりました。
  • PC桟橋−受梁法線直角方向の検討で杭端部をバネ部材としての解析が可能になりました。
  • PC桟橋でホロー桁の編集が可能になりました。
  • PC桟橋でホロー桁の中空部寸法を支点部と支間部で変更が可能になりました。
  • PC桟橋でホロー桁の各連結部で剛結・ピンの設定が可能になりました。
  • 杭に水平方向に作用する分布荷重を任意形状で設定することが可能になりました。
  • 固有周期の算定で仮想地表面と実地表面、Khと2倍したKhが選択可能になりました。
  • 上載荷重を任意形状で設定することが可能になりました。
  • 検討方向に対して直角方向に作用する移動荷重等に対して影響線を用いて最大となる集中荷重を設定することが可能になりました。
  • 平成11年港湾基準、許容応力度法の検討の場合、支持力の工法で「埋込み杭」の設定が可能になりました。
  • 根入れ長の検討で実根入れ長に1/βで換算した係数での比較表記を追加しました。
  • 検討模式図の表記を修正しました。
  • 許容応力度法での杭頭部の検討に「軸方向力の検討」と「杭頭モーメントの検討」を追加しました。