L型擁壁細部設計3
最新版ダウンロードはこちら
動作環境(OS)について
Ver1.0.4 → Ver1.0.5
  • ファイルのインストール方法を一部変更しました。
Ver1.0.3 → Ver1.0.4
  • 許容せん断応力度τaを全部材共通から、扶壁とその他部材に分けました。
  • その他軽微な修正を行いました。
Ver1.0.2 → Ver1.0.3
  • 平成30年港湾基準に伴う以下の名称変更を行いました。
    終局限界状態→安全性(断面破壊)※省略表記時は断面破壊
    使用限界状態→使用性
  • 使用性−ひび割れの帳票にw/wlim行を追加しました。
Ver1.0.1 → Ver1.0.2
  • ヘルプメニューからライセンス認証ユーザーページに遷移できるようになりました。
  • サブスクリプションユーザー向けに、ライセンス認証ユーザーページにて『Word・Excelコンバータ対応のAEC帳票印刷・編集ツール※1』を公開しました。
    ※1:ViewAEC2007単体で起動します。VA2ファイル等の印刷・編集やコンバートにご利用下さい。

    ライセンス認証ユーザーページの機能
     ・ユーザー情報の変更
     ・ユーザーID・パスワードの変更
     ・ライセンス情報の確認
     ・現在利用中ユーザーの確認
     ・お問い合わせフォーム
     ・Word・Excelコンバータ対応のAEC帳票印刷・編集ツールのダウンロード
Ver1.0.0 → Ver1.0.1
  • 環境によっては、帳票印刷が動作しない不具合を修正しました。
Ver1.0.0
  • 「港湾の施設の技術上の基準・同解説 平成30年5月」に対応いたしました。
  • サブスクリプションのサービス開始に伴い、システム名称を『L型擁壁細部設計3』に変更いたしました。

「L型擁壁構造計算2007」の販売は終了いたしました。Ver1.3.1が最終バージョンとなります。
 販売終了製品の最終バージョンのセットアップはこちら

 ※「L型擁壁構造計算2007 Ver1.3.1」のサポート継続期間:2019年1月1日まで