控え矢板式係船岸6
最新版ダウンロードはこちら
動作環境(OS)について
Ver1.0.3 → Ver1.0.4
  • 鋼管矢板継手有効間隔を直接入力した場合でも、180.0はP-T型、247.8は、P-P型と分類され、帳票出力されていましたが、これを直接入力の場合は、分類しないよう修正しました。
  • エクセルコンバートを行った際に、土圧図などの図枠の罫線が1つ前のページに印刷されてしまう不具合を修正しました。
Ver1.0.2 → Ver1.0.3
  • 矢板間距離を計算する際、崩壊角の交差位置が地表面の場合で、受働側崩壊面と背面土形状との交点が土層第1層目に存在する場合に、数値の誤差によりうまく判定できていませんでした。
Ver1.0.1 → Ver1.0.2
  • 各種応力計算の帳票で荷重項・抵抗項の設計用値の説明部分の単位が間違っていました。不要と思われる部分については、削除しました。
Ver1.0.0 → Ver1.0.1
  • タイブルに新しい規格F400Tを追加しました。本規格が従来保有データの途中に追加されたため、過去データでF500T及びF600Tを個別に選択されている場合、選択していた規格にずれが生じます。読み込み時には、再設定をお願いします。
Ver1.0.0
  • 「港湾の施設の技術上の基準・同解説 平成30年5月」に対応いたしました。
  • 1つのプログラムで部分係数法/許容応力度法の切り替えが可能となりました。
  • サブスクリプションのサービス開始に伴い、システム名称を『控え矢板式係船岸6』に変更いたしました。

「控え矢板式係船岸5」の販売は終了いたしました。
 Ver1.0.8(部分係数法)、Ver1.0.9(許容応力度法)が最終バージョンとなります。
 販売終了製品の最終バージョンのセットアップはこちら

 ※「控え矢板式係船岸2007(部分係数法) Ver1.0.8」のサポート継続期間:2019年1月1まで
 ※「控え矢板式係船岸2007(許容応力度法) Ver1.0.9」のサポート継続期間:2019年1月1まで