潮流解析システム  受託のみ
システム概要
  • 本システムは、潮汐に起因する潮流を解析し現在の流況を把握するとともに、将来計画の流況を予測します。また、その結果を元にして閉鎖性水域の海水交換予測を行います。
  • 本システムは、受託計算のみの対応とさせていただいております。費用につきましては、個別にお見積りをさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
システムの機能
解析法は、2次元モデルによる陽的差分法を用い、次の解析が可能です。

  @潮流シミュレーション
    ・流況(流速ベクトル、流速分布)予測
    ・地形改変(港湾工事、埋め立てなど)による流動変化予測
  A海水交換シミュレーション
    ・汚水の拡散予測
    ・閉鎖性内湾の水質改善予測
システムの特徴
  • 干潟干渉による移動境界を取り扱うことが可能です。
  • 河川流入を考慮することが可能です。
  • 鉛直方向を多層に分割して解析を行うことが可能です。
解析に必要な資料及び条件
1.  深浅図及び陸域境界を示す図面など 解析に必要な水深データを作成します
2.  潮汐条件(潮位、遅角)
3.  水平渦動粘性係数
4.  コリオリ係数
5.  海底摩擦係数
6.  内部摩擦係数(多層モデルの場合に必要)
7.  河川流入流量(河川流入を考慮する場合に必要)
潮流シミュレーションの場合
8.  汚染範囲
9.  初期濃度
10. 水平拡散係数
11. 鉛直拡散係数(多層モデルの場合に必要)
海水交換シミュレーションの場合
出力図面例


※画像をクリックすると拡大します。