ケーソン細部設計2007-標準函/堤頭函 for Windows  レンタル可.NET2.0
システム概要
  • 本システムは、ケーソン係船岸/防波堤の細部設計計算を行います。港湾基準(限界状態設計法H11,H19)/漁港基準(許容応力度法)に準拠しています。
  • システムは標準函バージョンと、標準函の機能を網羅し堤頭函機能を追加した、上位バージョンの堤頭函バージョンを用意しております。
  • 計算結果は報告書形式で印刷されるためそのまま報告書として利用できます。
  • Windows対応ですので、初心者でも操作が簡単にマスターできます。インストールやアンインストールも容易に行えます。
システムの機能
■入力・計算機能(堤頭函バージョンのみ)    
  • 堤頭函の検討(防波堤においての堤頭側側壁の波圧の検討。法線平行方向断面の底版の検討)が可能です。
  • 底版のモーメント総括図の検討方向全室表示が可能です。
  • 底版の照査のまとめ、配筋のまとめ図のケーソン全体表示が可能です。

■入力・計算機能(共通)    
  • 入力された寸法、底版反力/波圧/揚圧力/上載荷重から部材に作用する荷重の計算ができます。
  • 波圧は各ポイントの強度を最大10カ所設定可能なため、合田式/広井式等に対応可能です。
  • 弊社港湾設計業務シリーズの『重力式防波堤2007』及び『重力式係船岸2007』から荷重データをインポートすることができます。
  • 計算された荷重から部材にかかるモーメント計算ができます。外壁偶角部の不釣り合いモーメントの修正も可能です。
  • 求められたモーメントから以下の方法で配筋計算ができます。
     ・許容応力度法
     ・限界状態設計法(終局時/使用時/疲労時)
  • 自動配筋計算後、配筋を編集することが可能です。編集中に照査結果を確認することもできます。
  • 防波堤の場合の検討潮位としてH.W.L.、L.W.L.、任意潮位が検討可能です。
  • 底版の配筋順を変更することが可能です。
  • 鉄筋ピッチを20(40,10)/25(50,12.5)/30(60,15)の中から選択可能です。
  • 側壁、底版、フーチングそれぞれについて、各状態から設計荷重を選択する方法が多数選択可能です。
  • 底版全体の配筋結果を確認可能です。
  • 摩擦増大マットの考慮が可能です。
  • 2種類のバラスト材の考慮が可能です。
  • 片側フーチングの検討が可能です。

■帳票印刷の主な機能
  • 印刷イメージを画面表示します。
  • 印刷内容の編集が可能です。
  • 一括印刷、章別印刷、指定ページの印刷が可能です。
  • 用紙サイズや印刷フォントは、お好みのものを自由に選択できます。
     ※A4縦、12Pフォントで最適になるように設定されています。
入力・表示画面例
画面例 画面例 画面例

※画像をクリックすると拡大します。
帳票印刷例
帳票印刷例 帳票印刷例 帳票印刷例 帳票印刷例 帳票印刷例
帳票印刷例 帳票印刷例

※画像をクリックすると拡大します。
ケーソン細部設計2007 Ver 1.0.0で追加した機能の概要と注意事項
  • 平成19年港湾基準に準拠した以下の修正を行いました。
    ・使用限界圧縮応力度の検討を追加しました。
    ・側壁の波高を考慮した前面水位にHmax/3が選択可能になりました。
    ・側壁の動水圧の検討を追加しました(係船岸のみ)
    ・具体的な検討方法が新基準で不明なため、背面土圧の検討を削除しました(係船岸のみ)
     ※従来基準では検討可能
    ・地震時の底版反力を2種類(L1地震時、L2地震時)検討可能になりました(係船岸のみ)
  • フーチングのせん断の検討において棒部材(従来)に加え、ディープビームとしての検討を追加しました。