横桟橋耐震照査2007 for Windows  レンタル可.NET2.0
システム概要
  • 本システムは、弾塑性解析を用いて、1質点系の非線形動的解析を行います。
  • 計算結果は報告書形式で印刷されますのでそのまま報告書として利用できます。
  • Windows対応ですから、初心者でも操作が簡単にマスターできます。インストールやアンインストールも容易に行えます。
システムの機能
■入力・計算機能    
  • 最大20×20列の杭の設置が可能です。
  • PC横桟橋、RC横桟橋の計算が可能です。
  • 本システムは弾塑性解析を用いて横桟橋の水平力と水平変位からなる骨格曲線を算定します。
  • 本システムは前項で得た骨格曲線と地震波形から1質点系の非線形動的解析を行い、それによって得られた骨格曲線により損傷度のチェックを行います。
  • 弊社湾設計業務シリーズである『横桟橋設計計算システム』および『横桟橋設計計算2007』から桟橋データをインポートすることができます。
  • 斜杭の場合、斜角によるK値の補正は自動的に行います。
  • 腐食速度と耐用年数から腐食後の断面性能を自動計算します。また、地中部の防食も考慮できます。
  • 杭の断面変化(継手)を考慮できます。
  • 地盤反力係数(Kh)を指定した計算方法により自動計算します。また、直接入力も可能です。
  • 杭の支持力の計算方法を打込鋼管、中堀鋼管から選択することができます。
  • 上部工の非線形モデルを直接入力により設定する事ができます。
  • 鋼管杭の非線形モデルをバイリニアモデルやトリリニアモデル、Chenモデル、直接入力から選択することができます。

■帳票印刷の主な機能
  • 印刷イメージを画面表示します。
  • 印刷内容の編集が可能です。
  • 一括印刷、章別印刷、指定ページの印刷が可能です。
  • 用紙サイズや印刷フォントは、お好みのものを自由に選択できます。
入力・表示画面例


※画像をクリックすると拡大します。
帳票印刷例


※画像をクリックすると拡大します。
横桟橋耐震照査2007 Ver 1.0.0で追加した機能の概要と注意事項
  • 保有耐力照査を廃止し、1質点系の非線形動的解析による照査ができるようになりました。非線形動的解析を行うには地震波形データが必要になります。
  • 杭の寸法で継手位置以降の降伏応力度が設定できるようになりました。
  • 杭の軸方向バネ定数aの算定方法が指定できるようになりました。
  • 支持力の検討方法で打込鋼管(バイブロハンマ工法)を追加しました。
  • 支持力の検討方法で漁港基準による方法を削除しました。
  • 支持力の検討で粘性土の場合の打込鋼管の先端支持力式を変更しました。(8CpAp→6CpAp)
  • (Ver1.2.2以降)地盤反力係数(kh)の算出方法に相関式の手法が追加されました。従来の横山の提案による方法と相関式によるものを設計者の判断により適切に使用することになっています。
    参照:杭軸直角方向地盤反力係数の推定方法に関する一提案  第41回地盤工学研究発表会