L型擁壁構造計算2007 for Windows  レンタル可.NET2.0
システム概要
  • 本システムは、L型擁壁の各部材の断面計算/応力計算、吊鉄筋の計算を行います。港湾基準(限界状態設計法)/漁港基準(許容応力度法)に準拠しています。
  • 計算結果は報告書形式で印刷されるためそのまま報告書として利用できます。
  • Windows対応ですので、初心者でも操作が簡単にマスターできます。インストールやアンインストールも容易に行えます。
システムの機能
■入力・計算機能    
  • 許容応力度法、限界状態設計法を選択できます。
  • 検討パターンとして、常時、常時+地震時、常時+引波時を選択できます。
  • 引き波時は、残留水圧、負の揚圧力を考慮する/しないを選択できます。
  • 前壁、底版、フーチング、扶壁の断面計算が可能です。
  • 各部材に作用する外力として次のものを考慮しています。
     1)前壁
       裏込土圧、残留水圧、引き波圧
     2)底版
       上載荷重、裏込土重量、底版自重、地盤反力、負の揚圧力、前壁摩擦力、
       背面土圧
     3)フーチング
       地盤反力、フーチング自重、負の揚圧力
     4)扶壁
       裏込土圧、残留水圧、引き波圧、前壁の支持部としての反力、
       底版の支持部としての反力
  • 前壁の形状として鉛直タイプ(フーチングなし/台形/水平タイプ)、傾斜タイプが選択可能です。
  • 検討断面として、前壁4箇所、底版3箇所、扶壁2箇所まで設定可能です。
  • 吊鉄筋の計算は、前壁傾斜:3点吊のみ、前壁鉛直扶壁1枚:3点/4点吊、前壁鉛直扶壁2枚:3点/4点/6点吊を選択できます。
  • 異なる径の鉄筋を交互に配筋して応力計算が可能です。
  • 弊社港湾設計業務シリーズの『重力式係船岸2007』から計算データを読み込めます。

■帳票印刷の主な機能
  • 印刷イメージを画面表示します。
  • 印刷内容の編集が可能です。
  • 一括印刷、章別印刷、指定ページの印刷が可能です。
  • 用紙サイズや印刷フォントは、お好みのものを自由に選択できます。
     ※A4縦、12Pフォントで最適になるように設定されています。
入力・表示画面例


※画像をクリックすると拡大します。
帳票印刷例


※画像をクリックすると拡大します。
L型擁壁構造計算2007 Ver 1.0.0で追加した機能の概要と注意事項
  • 平成19年港湾基準に準拠した以下の修正を行いました。
    ・使用限界圧縮応力度の検討を追加しました。
  • L型ブロック式係船岸マニュアルに準拠した以下の修正を行いました。
    ・底版の外力に前壁に作用するの鉛直方向摩擦成分を追加しました。
    ・底版の外力に仮想背面土圧の鉛直成分による荷重を追加しました。
    ・吊筋の照査方法を係船岸マニュアルの方法に変更しました。
  • 裏込め土を単層のみから最大3層まで対応しました。