棚式係船岸4(許容応力度法) for Windows
最新版ダウンロードはこちら
動作環境(OS)について
Ver1.0.5 → Ver1.0.6
  • 提供方法をサブスクリプションに変更することに伴う修正を行いました。
Ver1.0.4 → Ver1.0.5
  • 鋼管杭、H形鋼杭の設定本数の上限値を30本に修正しました。
  • 現在のバージョンのファイル(拡張子:TN4G)ファイルを開いた後、以前のバージョンのファイル(拡張子:TN2)を開くとシステムが異常終了する不具合を修正しました。
Ver1.0.3 → Ver1.0.4
  • Khの計算方法が、「N値→Kh値」「E0値→Kh値」(道路橋示方書)の場合、地盤条件によっては、βの収束計算が振幅する不具合を修正しました。
Ver1.0.2 → Ver1.0.3
  • Ver1.0.0以降、PC環境によって計算時に正常に動作しない不具合を修正しました。
Ver1.0.1 → Ver1.0.2
  • 基本条件−条件その2にて、杭に作用する外力に用いる受働土圧の算定に上載荷重の考慮の有無を指定する項目を設けました。
Ver1.0.0 → Ver1.0.1
  • Windows10での動作確認を行いました。
  • 負の周面摩擦の検討で、継手以前と以降で鋼材が異なる場合、安定検討で用いる圧縮応力度は継手位置以前の鋼材を使用していましたが、継手位置以降の鋼材を使用するように修正しました。
Ver1.0.0
  • 「棚式係船岸4 for Windows」を発売致しました。
  • 耐津波設計における引波時の検討に対応しました。
  • 杭の種類にH型鋼杭を追加しました。
「棚式係船岸2007」以前のユーザー様は「棚式係船岸4」への有償バージョンアップをご検討ください。
「棚式係船岸2007」の販売は終了いたしました。同梱されていました「棚式係船岸設計システム2」は、Ver3.2.5が最終バージョンとなります。
販売終了製品の最終バージョンのセットアップはこちら

※「棚式係船岸2007 Ver1.x.x」のサポート継続期間:2016年9月末日まで