重力式防波堤5 for Windows
最新版ダウンロードはこちら
動作環境(OS)について
Ver1.0.9 → Ver1.1.0
  • 津波検討時、検討ケースに関わらず「検討潮位が壁体底面より低く設定されています」と警告が表示される不具合を修正しました。
Ver1.0.8 → Ver1.0.9
  • 帳票-波圧計算(谷本・小島の式)において、波圧低減係数λ算定式内のhが正しく印字されない不具合を修正しました。計算は正しく行われています。また、波圧低減係数λが水深や波高の関係により0.0となる場合、メッセージを表示するようにしました。
Ver1.0.7 → Ver1.0.8
  • 帳票-設計条件において、部分係数一覧表の潮位名称が正しく印字されない不具合を修正しました。
  • 帳票-結果一覧表において、静水圧差式選択時の津波式名称が正しく印字されない不具合を修正しました。
  • 漁港-合田式での計算前チェック(補正係数λ1〜λ3計算時のHo'の判定)を修正しました。
Ver1.0.6 → Ver1.0.7
  • 裏込めが水位で分割される場合、水上・水中の単重を用いて計算するよう変更しました。(港湾基準a式)
  • 合田式の水深hbの計算を2桁丸めから3桁丸めに変更しました。
  • 偏心量距離xが堤体底面より外れる場合にメッセージを表示するようにしました。
  • 荷重傾斜率iによるBishop検討不要(i<0.1)の判定が正しく行われない不具合を修正しました。
Ver1.0.5 → Ver1.0.6
  • セルラー抜出し検討用の安全率を設定できるようにしました。
  • 津波式(谷本式)の振幅αIの桁数を4桁に変更しました。(3桁の水位における振幅に対応するため)
Ver1.0.4 → Ver1.0.5
  • Windows10での動作確認を行いました。
  • 複雑な形状の直立消波ブロックを用いた安定計算を行った場合、帳票作成時にエラーとなる不具合を修正しました。
Ver1.0.3 → Ver1.0.4
  • 上部斜面堤の鉛直波力(転倒用)の部分係数を間違って表記する不具合を修正しました。計算は正しく行われています。
Ver1.0.2 → Ver1.0.3
  • 帳票の外力図、壁体断面図のハッチングを行わないSWを追加しました。
Ver1.0.1 → Ver1.0.2
  • ケーソン横断方向室数が7室以上の場合、帳票印刷時にエラーが発生する不具合を修正しました。
Ver1.0.0 → Ver1.0.1
  • 津波水位トライアル計算において、引き波時 背面水位>天端高(越流)パターンを「谷本式」で計算してしまう不具合を修正しました。
Ver1.0.0
  • 「重力式防波堤5 for Windows」を発売致しました。
  • 合田式に対応 (「漁港・漁場の施設の設計参考図書」に準拠)
  • 支持地盤として「岩盤」を追加
  • 裏込抵抗考慮時(波の谷)の主働土圧鉛直分力の考慮SWを追加
  • 裏込抵抗力の上限値の設定を追加

「重力式防波堤2007」以前のユーザー様は「重力式防波堤5」への有償バージョンアップをご検討ください。
「重力式防波堤2007」の販売は終了いたしました。Ver2.0.8が最終バージョンとなります。
販売終了製品の最終バージョンのセットアップはこちら

※「重力式防波堤2007 Ver2.x.x」のサポート継続期間:2016年9月末日まで