重力式係船岸5 for Windows
最新版ダウンロードはこちら
動作環境(OS)について
Ver1.1.1 → Ver1.1.2
  • 部分係数法によるセルラー中詰抜出しの検討において、波浪引波、津波引波検討時の中詰材重量を永続状態の中詰重量で計算する不具合を修正しました。
Ver1.1.0 → Ver1.1.1
  • 動水圧の帳票において、検討潮位が堤体底面より下に位置する場合、検討潮位の値にかかわらず0.00mと印字される不具合を修正しました。
Ver1.0.9 → Ver1.1.0
  • 設計震度khの土圧と動水圧を別個に入力可能にしました。
Ver1.0.8 → Ver1.0.9
  • 提供方法をサブスクリプションに変更することに伴う修正を行いました。
Ver1.0.7 → Ver1.0.8
  • 盛土形状において、土圧作用点のX位置がマイナスとなる場合に上載荷重が考慮されない不具合を修正しました。
  • 偏心量距離xが堤体底面より外れる場合にメッセージを表示するようにしました。
  • 荷重傾斜率iによるBishop検討不要(i<0.1)の判定が正しく行われない不具合を修正しました。
Ver1.0.6 → Ver1.0.7
  • 道路・河川基準において、検討ケースの組合せによって「検討結果のまとめ」が起動できない不具合を修正しました。
Ver1.0.5 → Ver1.0.6
  • 道路・河川基準において、偏心量|e|と底面幅B/3が同じ値の場合、転倒照査がNGとなる不具合を修正しました。
Ver1.0.4 → Ver1.0.5
  • Bishopデータ出力において、H.W.L.以降の潮位で部分係数(tanφ'、c')が違う値となる不具合を修正しました。
  • 入力データチェックリストにおいて、4潮位目のRWLが違う値となる不具合を修正しました。
  • セルラー抜出し検討用の安全率を設定できるようにしました。
Ver1.0.3 → Ver1.0.4
  • Windows10での動作確認を行いました。
  • 津波押し波による上部工の転倒照査において、傾斜型直立消波ブロックでの揚圧力アーム長が正しく計算されない不具合を修正しました。
Ver1.0.2 → Ver1.0.3
  • 帳票の外力図、壁体断面図のハッチングを行わないSWを追加しました。
Ver1.0.1 → Ver1.0.2
  • ケーソン横断方向室数が7室以上の場合、帳票印刷時にエラーが発生する不具合を修正しました。
Ver1.0.0 → Ver1.0.1
  • 道路・河川基準で検討した場合、計算後の結果表示でエラーが出る不具合を修正しました。
Ver1.0.0
  • 「重力式係船岸5 for Windows」を発売致しました。
  • 耐津波設計における引波時の検討に対応
  • 耐津波設計における直立消波ブロック式係船岸における上部工の検討(転倒)に対応
  • 検討潮位を4潮位に増加
  • 支持地盤として「岩盤」を追加
  • 荷重傾斜率i<0.1の場合、検討省略をキャンセルする機能を追加
  • 検討ケース名称の設定に対応

「重力式係船岸2007」以前のユーザー様は「重力式係船岸5」への有償バージョンアップをご検討ください。
「重力式係船岸2007」の販売は終了いたしました。Ver1.3.8が最終バージョンとなります。
販売終了製品の最終バージョンのセットアップはこちら

※「重力式係船岸2007 Ver1.x.x」のサポート継続期間:2016年9月末日まで